未分類

宅建士の資格が有利とされる就職先にはどんなものがあるでしょうか?

前回の記事では、宅建の試験勉強中に何となく集中できなくなってしまった時に、試して頂きたいリラックス方法に関して記事にしました。それとはまた別の手段として、宅建士試験に無事合格した後の、自分の未来像に思いを馳せるというのはいかがでしょうか。今回は、宅建士の資格を持っていると有利とされる就職先に関してみていきましょう。

不動産営業

宅建士のメインの仕事と言えば、不動産会社の営業担当ですよね。不動産会社は、入社時に資格を必要としない所が多いですが、宅建士の資格を持っていれば優遇してもらえます。お客様との不動産の契約を締結する際に、必ず必要になる「重要事項説明」ですが、これは宅建士でなければ行うことが出来ないのは皆さんもうご存知ですよね。投資用不動産の営業マンなどでも、宅建士の資格を持っていることで資格手当がつく企業も多いです。不動産関連の営業でバリバリ仕事をこなしたい!という人には鬼に金棒の資格ですね。

不動産一般事務

一方で、営業はあまり…。という方には、一般事務や総務といった選択もあります。入居サポートや、大家さんとの橋渡しとなる重要な業務から、募集物件をウェブで公開するためのページを編集したりといった裏方のお仕事にも、宅建士の資格を持っていることで手当てがつく企業が多いです。不動産一般事務は働きやすいと感じる方が多い業種で、女性の産後の復職率の高い人気のある業種でもあります。職場によっては、経理業務が学べたりと長く務めることでスキルアップにもつながりますので、魅力のある就職先ではないでしょうか。

不動産管理スタッフ

営業とも、事務とも少し違う、不動産管理業務という業種もあります。物件の点検や修繕・メンテナンス、リフォームの提案など、入居者というよりは物件の大家さんへのフォローが中心となるお仕事になります。就職先の企業の管理物件を主に扱うことが多く、宅建士の資格が優遇されやすい業種になります。

不動産投資コンサルタント

年金の受給があてにならないといわれる昨今では、老後の収入源として不動産投資を考えるかたも増えてきています。投資用物件とも呼ばれる駅近の高級マンションなどが都会にはガンガン建設されていますよね。投資物件は必ずしも都会の物件でなくては利回りが取れないというものでもないようで、逆に地方ではあまり開発もされていないエリアもあることから、リノベーションされた暮らしやすいマンションの需要というものも多いようです。不動産投資コンサルタントとは、そんな不動産投資に興味のある投資家希望の方に、専門家の観点からアドバイスをするというお仕事になります。宅建士の資格を有することで箔が付く業種になります。

設計事務所スタッフ

設計事務所の募集にも、宅建士の資格が優遇されることが多いです。設計事務所では、建設から不動産に携わることができるので紙ベースの設計図から実際に建物が建つさまをみることができるので、とても面白い現場だと感じますよね。仕事をこなしていくうえで、不動産だけでなく建設に関わることも学ぶことができますから、自身のスキルアップも期待できるでしょう。同様にデザイン事務所やインテリアコーディネート系の業種でも、宅建士の資格は歓迎されることが多いので幅のある資格といえますね。

いかがでしょうか。このほかにも、宅建士の資格が歓迎される業種や企業はまだまだあります。やはり国家資格は強いです。自分の人生における選択肢を広げられるように、今精一杯の努力をして宅建士資格を勝ち取って頂きたいと思います。勉強の息抜きとして、求人サイトなどで「宅建資格 求人」などと検索してみるとやる気が出て来るのではないでしょうか。

-未分類

         

関連記事

no image

宅建士試験に惜しくも不合格だった方へ

宅建士試験の合否は、合格した方のみ合格通知が書留で自宅に届きます。12月になった頃に、順次通知が届くようになっていますが、不合格だった場合は特に何も連絡はきません。予想合格点ラインをはるかに上回る出来 …

no image

宅建士試験受験のための勉強スケジュールについて

宅建試験合格の為に必要な勉強時間とはどれぐらい必要になるのでしょうか。これはもう個人差としか言いようが無い気もしますが、多くの宅建スクールや学習教材の情報をまとめると、およそ200-300時間は学習時 …

no image

宅建士(宅地建物取引士)ってどんな資格?

宅建士とは、正式名称を宅地建物取引士といい国家資格になります。宅地建物取引業者とは、いわゆる不動産取引業者の事をいいますので、宅建士(宅地建物取引士)とは不動産取引の専門家ということです。ご存じの方も …

no image

宅建士試験の勉強方法にはどんなものがあるのか?

宅建試験に挑戦しようと調べてみると、通信講座やスクールなど宅建士合格のための塾のようなものがたくさん出てきますね。宅建士の国家試験では、受験資格や条件などは一切なく、老若男女誰でも受験することが出来る …

no image

宅建試験勉強での問題演習は、まずは同じ問題集を繰り返し解きましょう

参考書を読みこなすことに慣れてきたら、次はいよいよ問題演習に入ります。問題集を1冊用意していただくのが良いと思いますが、宅建試験の過去問や、参考書に記載されている演習問題などでも構いません。参考書の内 …