未分類

宅建試験のための参考書における、各科目分野を熟読するときのポイントとは?

前回の記事では、まずはじめに参考書を熟読するということを説明しました。専門用語や独特の言い回しが多数ありますので、まずは宅建試験の文章に慣れることで、問題演習に取り組む際に、設問がスムーズに理解できるようにするためですね。今回の記事ではもう少し詳しく、ポイントとなる項目を説明していきます。まずはじめに、宅建の試験における出題範囲は大きく分けて5つの項目に分けられています。この分け方は宅建士試験の指定試験機関である、不動産適正取引推進機構の正式な分け方ではありませんが、ほとんどの参考書や一般教材、宅建スクールでもこのような出題範囲の分け方をしています。それでは、それぞれの出題科目の分野ごとにポイントを説明していきます。

権利関係

法律における権利関係の問題が、民法を中心に14問前後出題されます。権利関係の問題は馴染の無い方がほとんどだと思いますので、苦手だと感じる方も多いでしょう。宅建試験では最低でも70%以上の正解率を出さなければ合格はできませんので、権利関係の分野を諦めるというのはリスクがあまりにも大きすぎます。まずは法律的文章に慣れるという意味で、何回も繰り返し参考書を読み進めるようにしてください。また、民法には3大原則というものがあります。「権利能力平等の原則」「所有権絶対の原則」「私的自治の原則」の3つです。この3大原則を頭に入れておくと、民放の根本的な考え方というものがなんとなく理解ができるようになると思います。「権利能力平等の原則」とは、権利や権力は民放の中ではみんな平等であるということですね。現実での立場の違いや地位などは関係がなく、一個人としてみな平等であるということです。同時に、民放では消費者や生産者など、どちらに見方をするものではなくあくまでも平等に扱いますという意味も込められています。「所有権絶対の原則」これは読んで字のごとくですね。民法では所有権に重きを置いているという意味です。「私的自治の原則」とは簡単にいうと、私法上での契約は個人の自由な意思に基づき、自由に結んでもよいという意味です。つまり、個人の意思が自由な状態でない状態のとき、例えば泥酔している状態では正しい判断ができませんよね。そういった状態で結んだ契約などは、個人が自由に意思を持つ状態ではないため、契約は無効になります。というような意味です。

法令上の制限

法令上の制限の科目からは、8問前後の問題数が出題されます。法令上の制限とは、土地を購入したり、その土地の上に建物を建てる時、または土地開発のために造成しようとする時、つまり土地の利用を考える時の制限や規定などをまとめた法律に関しての問題です。不動産業における根本である土地に関しての分野ですので、正確な暗記が必要です。覚え辛いと感じる箇所は、特に何回も読み返して正しく記憶するようにしてください。記憶の定着には、インプットとアウトプットが必要です。アウトプットとは、問題演習のことですので、まずは正しくインプットすることを意識して学習を進めていってください。

税金・鑑定評価

税金関係の科目からも、8問前後の問題が出題されます。税金関係の分野は正直難しいです。出題範囲が広く、また満遍なく出題されるので傾向がつかみにくく、結果時間を要します。「3ケ月で宅建合格をめざす!」や「宅建試験直前講座!」のような勉強時間が十分に取れないであろうことが想定されるときのスクール講義や勉強教材では、税金関係分野は8問中半分である4問の正解をめざし、その分他の分野の正解率を伸ばしましょうと指導されるところもあるようです。どうしてもこの分野が苦手だと感じるならば、それも一つの手段かなとは思います。ただ、他の分野のように例外や判例などがほとんどなく、非常にシンプルな問題が多いので、過去問や見たことのある問題はきちんと解けるようにしておけば十分でしょう。

宅建業法

宅建業法では20問前後の問題が出題されます。宅建試験の要ともいえる分野です。宅建士における、最も実務的な分野の問題が出題されますので、勉強していて楽しいと感じられる科目だと思います。みなさんはなぜ宅建試験を受験しようと思ったのでしょうか?これから宅建士の資格を取得して、不動産関連業に携わるよていがあるならば、ぜひこの宅建業法の科目は全問正解していただきたいと思います。参考書にある宅建業法の分野のページには無駄な部分はないと思ってください!ぜひしっかりと読み込んでいただきたいと思います。

その他5点免除科目

宅建試験申し込みの時点で、すでに宅地建物取引業に従事している方は、この科目が免除になります。50点満点の試験のうち5点も免除されるなんて羨ましい限りですね!不動産業界に従事されている方々にとって、宅建士の資格試験というものは必要性の高い資格だということがわかるかと思います。しかし現実では、社会人として働きながら勉強して資格を取得するということはなかなかガッツのいることですよね。宅地建物取引業従事者の宅建士資格取得の救済措置として、この5点免除という制度があるようです。とはいえ、現在不動産業に従事していなければ5点免除にはなりませんので、しっかりと学習する必要があります。基本は不動産業界を取り巻く時事問題や統計問題などが出題されます。参考書ではあまり詳しく解説されているものは少ない分野でもありますので、対策として、過去に出題された5点免除科目の問題は、すべてわかるようにしておくのが一番だと思います。宅建士試験では、各出題分野ごとに問題の癖がかなりあります。参考書をしっかり読むことで、問題で問われやすいポイントがみえてくるようになりますので、出題の傾向をつかむようにしてください。

 

-未分類

         

関連記事

no image

宅建士試験無事合格の方へ、おめでとうございます。

宅建士試験を終えて、まずはお疲れ様でした。試験終了から、合格通知が自宅に到着するまでは1ヶ月強の期間がありますが、自己採点の結果から予想合格点数を数点上回っていれば、おそらくは大丈夫でしょう。宅建試験 …

no image

宅建士試験に惜しくも不合格だった方へ

宅建士試験の合否は、合格した方のみ合格通知が書留で自宅に届きます。12月になった頃に、順次通知が届くようになっていますが、不合格だった場合は特に何も連絡はきません。予想合格点ラインをはるかに上回る出来 …

no image

宅建士の資格が有利とされる就職先にはどんなものがあるでしょうか?

前回の記事では、宅建の試験勉強中に何となく集中できなくなってしまった時に、試して頂きたいリラックス方法に関して記事にしました。それとはまた別の手段として、宅建士試験に無事合格した後の、自分の未来像に思 …

no image

宅建試験に取り組むときは、まずは参考書を流し読むことからはじめましょう

私が実際に行った宅建合格のための勉強法をお教えします。何度も申し上げますが、身に付く学習方法には個人差があります。呑み込みが早く、さらっと文章を読んだだけで理解ができる人もいらっしゃるかと思いますが、 …

no image

宅建士試験の勉強方法にはどんなものがあるのか?

宅建試験に挑戦しようと調べてみると、通信講座やスクールなど宅建士合格のための塾のようなものがたくさん出てきますね。宅建士の国家試験では、受験資格や条件などは一切なく、老若男女誰でも受験することが出来る …