未分類

宅建試験勉強法では参考書をノートに書き起こす学習法は避けるべきです

宅建試験に独学で挑戦しようとするとき、どこから手をつけていいか正直迷ってしまうと思います。とりあえず手頃な参考書を1冊購入してみたのはいいものの、読んでもちっとも頭に入らない…なんてことがあるかもしれません。そんなとき、最も非効率でおすすめしない学習方法をあげるとすれば、参考書をノートに書き写すことでしょう。小・中・高等学校の授業スタイルですね。真面目な人ほどよく選択しがちな手段ですが、確かに参考書に記載されたことを自分なりに理解し、インプットしたことをノートにまとめることでアウトプットするというのは、一般的な学習方法としては正しい手段です。文字を書くことで頭に入る、という人もいらっしゃいますよね。そしてページが作られていくと、勉強した気分になりますしね!しかしながらこの学習方法では時間が掛りすぎてしまいます。丁寧に読み進めていくうちに、初めのころにノートに書き写したことを読み返しても、既に忘れてしまっている。ということも起こりえるでしょう。宅建試験は年に1回しか開催されません。仮に3年後の試験挑戦を目指して、毎日コツコツと勉強していきます!ということであればいいかもしれませんが、そんなこと言ってはいられませんよね?宅建試験合格は目先の目標ではありますが、最終ゴールではないはずです。宅建試験に合格することで、さらなるスキルアップをめざし豊かな未来を切り開いていくことが目的ですから、試験勉強だけに何年も時間を取られている場合ではないのです。是非、宅建1発合格をめざし、頑張って頂けたらと思っています。

参考書の選び方

ただし、独学で宅建士試験を受けようと思うならば、参考書は1冊必要であると思います。仮にもし、参考書を使用せず学習しようと思うならば、すべてインターネットから情報を得るということでしょうか。あまり現実的ではないですよね。ネットの情報は古いもので間違っている事もありますので、最新の正しい情報を自分で選別していかなくてはいけません。リスクを取るよりは、1冊参考書を手元に用意して頂いた方が無難です。参考書の選び方に関してですが、基本的にはその年の最新のものがおすすめです。法改正により規程が変わっていることがありますし、法改正された部分というのは、本番の宅建試験においても非常に問われやすい、必ず押さえておかなければならないポイントでもあるので、参考書を新しく用意する場合は最新のものをお買い求めください。旧年のものがある場合や、譲り受けたものがあるという方は、改正された部分を必ずチェックするようにしてくださいね。その他に関しては、書店でパラパラとめくってみて、自分で読みやすそうだなと感じたものでいいかと思います。書籍には相性がありますので、直感を信じましょう!毎年いくつもの出版社から宅建試験に関しての参考書が出版されていますので、いろいろ手に取ってみてみると面白いと思いますよ。私は、自分で特に注意したいと思ったことは、参考書にラインマーカーを引いたり、直接文字を書き込むので、参考書は色味の少ないシンプルなものを選びました。ネットでもおすすめの参考書情報や、前年の参考書のレビュー投稿なども見る事が出来るので参考にしていただくと良いかと思います。教材に関していえば、通信教育タイプのものや、スクールや学習塾もありますよね。社会人向けの夜間コースや、休日に授業が受けられるところなどもあるようです。勿論、教材費や受講料はそれなりに必用ですが、宅建試験に向けて時間や資金に余裕があるのであれば、ひとつの手段として検討してみるのもありだと思います。次回は、宅建試験勉強の通信講座やスクールに関してもう少し詳しくご説明します。

-未分類

         

関連記事

no image

宅建士の資格が有利とされる就職先にはどんなものがあるでしょうか?

前回の記事では、宅建の試験勉強中に何となく集中できなくなってしまった時に、試して頂きたいリラックス方法に関して記事にしました。それとはまた別の手段として、宅建士試験に無事合格した後の、自分の未来像に思 …

no image

宅建試験本番前に、模擬試験を受けてみましょう

宅建試験本番が近付いてくると、民間業者で宅建士の本番試験と同様の形式で行われる模擬テストが開催されています。宅建スクールが主催の模擬試験が多いですが、塾生でなくても申し込みをすれば誰でも模擬試験を受け …

no image

宅建士試験勉強のための携帯アプリの紹介

宅建士の学習方法にはいろいろな手段が考えられますが、最近では携帯電話で気軽に勉強ができるスマートフォンやタブレット用のアプリも登場しています。時代はどんどん進んでいますね!数百円程度費用のかかるものか …

no image

宅建試験のための参考書における、各科目分野を熟読するときのポイントとは?

前回の記事では、まずはじめに参考書を熟読するということを説明しました。専門用語や独特の言い回しが多数ありますので、まずは宅建試験の文章に慣れることで、問題演習に取り組む際に、設問がスムーズに理解できる …

no image

宅建試験勉強での問題演習は、まずは同じ問題集を繰り返し解きましょう

参考書を読みこなすことに慣れてきたら、次はいよいよ問題演習に入ります。問題集を1冊用意していただくのが良いと思いますが、宅建試験の過去問や、参考書に記載されている演習問題などでも構いません。参考書の内 …